Beautiful_Teeth

抜歯治療

歯科医院では、親知らずが生えて来た人のために、抜歯治療を行っています。そもそも親知らずは、早い人では15歳から生えてくる奥歯のことです。親知らずは正常に生えてこないケースが多く、半分、埋もれている状態の歯、根が曲がっている歯と、さまざまなタイプがあります。 きちんと生えていない親知らずを放置すると、色々なトラブルが生じます。たとえば、親知らずと手前の歯との間に段差があると、十分な歯磨きができないです。よって、歯の周りに歯垢がたまって虫歯や歯周病になりやすいです。それで、最悪の場合は手前の健康な歯を抜くことになります。その他にも、汚れが歯の周りの歯肉にたまって炎症が起こり、顎骨の炎症にまで広がっていくこともあります

きちんと生えていない親知らずは、歯科医院で早期に抜く必要があります。ほとんどの方は、歯科医院に行くことが億劫で、親知らずの痛みを我慢してしまう方が多いです。ですが、親知らずの痛みは噛み合わせが悪く、歯肉が炎症を起こしていることが考えられます。なので、早く歯科医院で抜歯することが最適です。 抜歯する時のポイントは、女性で将来妊娠の可能性がある方は、妊娠前に治療を受けたほうが良いです。というのも、妊娠中に親知らずの治療をすると、ホルモンのバランスで周りの歯肉が腫れることがあるからです。また、妊娠中は口臭が強くなったり、歯質からカルシウムが脱灰して虫歯になりやすい状態です。このような状態で親知らずを抜くことは、とてもリスクが高いといえます。